高山より


白樺台を望む。
通称「白樺台団地」は昭和40年代後半の4分の1ほどしか残ってない。
この長屋の団地は、いつまでこの姿を留めてくれるのだろうか。
私の住んでいた長屋は、既に無くなっている。
あの頃の記憶をだぶらせてコンパクフラッシュに記録した。
スポンサーサイト



テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

コメントの投稿

非公開コメント